FC2ブログ

California 2018 : episode 6

2018年10月07日 19:42

cali 2018058

滞在中
Labor Dayにも重なり
ご近所さんとのホームパーティにご一緒させてもらいました。

初めて来た2013年に イースターと重なった際も地域のホームパーティに
混ぜていただいたことがあり、数年ぶりに再会できた方もチラホラ。

「お!? Haruku また来たのか。覚えてるぞ。
 え Harukaだっけ? ああそうだった。」


うん。また来たよ。

cali 2018059


お隣のマイクさんは親日家。
昔、娘さんが京都に留学していたとのこと。

前日に「飲めるのか? 日本酒も準備しとくからな! 飲むぞ!おいでね。ガハハ」と
お誘いいただきました。

cali 2018060

ほんとに準備されていた日本酒。
何人かで、トライしましたが
はじめてでも楽しめるようでした。

cali 2018061

サッカーゲームしたり
卓球したり。

cali 2018062

帰る前の晩は ピア近くのレストランに。先生と奥様と。

cali 2018063

お話のほうに気を取られて、お料理の写真は撮っていませんが一枚だけ。
マグロとアボカドの前菜。

cali 2018064

帰りは またここに。

セルフサービスで盛り付けるジェラート屋さん。
とても人気とのこと。

前回来たとき 
自分の盛り付けセンスの悪さにがっかりしたところ。

やるよー。今回は。

cali 2018065

サンタクルーズの巨匠もトライ。

cali 2018066

私のは左上。
ウルサイ感じの盛り付け盛り付けになってしまいました。

パティシエには向いていないようです。

cali 2018067

帰国の朝。
巨匠は今日も手術。
本来なら、今日の手術も見学する予定でしたが
台風の影響で関西空港が浸水、停電しているので、東京経由で帰国せざるを得なくなり
一日早めて帰ることに。

早朝から 奥様が San Jose Airportまで
1時間ほどの道のり送ってくださいました。

cali 2018068

朝 早いので空いてます。

cali 2018069

Tokyo St.

一晩 東京で過ごすことになったので
しばらく駅前のベンチで回想しました。

会いたい方に会いにいけることは幸せなこと。
今年のテーマとして決めていた
遠くまで...ということ。
戻るのではなく、遠く進んだその先でまたお会いできたらと思います。

それにしても、師匠の背中は遠いなあ。
前より近く見えるようになった気がするのだけど。

お師匠さんに砥石を届ける旅。
荷物は石の分だけ軽くなり
また一歩進むことができそうです。

今回の旅の記録はこれで終わり。



サーファーズイヤー短期滞在治療のご相談
まずはお電話ください。

594-0061
大阪府和泉市弥生町2-14-13
耳鼻咽喉科サージクリニック 老木医院
Tel: 0725-47-3113
スポンサーサイト



California 2018 : episode 5

2018年09月28日 19:26

cali 2018044

Edと待ち合わせして
サーフィンに。ここまでおいでといわれた
38th Ave.の終わり、 E cliff Drのあたりまで。

cali 2018045

すぐ近くね。

cali 2018046

路肩に停めてOK.

cali 2018047

Ed号は 来るたびにグレードアップしています。
前回来たときはNissanの 同じようなタイプで サンフランシスコまで
ドライブしたはずだったけどMBになってる。

cali 2018048

ビーチハウス

cali 2018049

眼の前はすぐに海。

cali 2018050

やっぱりいいよね。海が近いのは。



お着替えした庭から1分かからずに海。

cali 2018051

板は Edに借りました。

cali 2018052

In the Pink

cali 2018053

Edは 短いSUPで
この板 なんとTwin Fin
マニアだなあ。

cali 2018054

Edと。この方出会った頃から 衰える気配まるでなし。
5年前と変わらない。

cali 2018055

Yes.

cali 2018056

小波。だけど綺麗に割れるので
ロングライドできます。

今の私にはこれでも十分嬉しい。

cali 2018057

帰り際 Edからもいろいろとアドバイスを受けました。
「海の近くにいないのか。ちゃんとサーフィン行ってるのか? それはいけない...」

「今日の板が調子良かった?」そうか じゃあ持って帰っていいぞ」

滞在この時点で 台風の影響により 予定より一日早く、
このセッション翌日に帰国することを決めていました。

停電中だった関西空港には帰れなくて、
成田経由になるので、板を持って帰るのはなかなか難しいなあと伝えると

「大丈夫だ タクシーの屋根にだって結べば良いんだからなんとかなるはずだ。
 持って帰れ。前回のEd modelの板のほうが調子よかったんなら、
いまなら間に合うから、すぐ取りに帰ろう!」

と、いつも穏やかなEdにはとても珍しくプッシュ、プッシュ。

ありがとうね。また来るから。感謝しつつ固辞しました。

海に入れて たぶん嬉しそうな顔してたんだろうな。
Keep surfingするよ。

そんなことを考えながら帰ってきました。

Nalaがお出迎え。



ただいま。

California 2018 : episode 4

2018年09月26日 19:14

cali 2018024

Skate天国 California

cali 2018025

先生と息子さん お手製のランプ
3年前はできたてでしたが、朽ち果て始めてました。

cali 2018026

乗り慣れたものでないと危ないので。

cali 2018027

クルマもお借りして パーク探して行きます。

cali 2018028

アメリカはクルマの通行レーンが日本と逆です。
右折のルールなども日本とは違います。
戸惑いつつも
スケートパークに到着。

cali 2018029

Mcgregor Park

cali 2018030

実は先生に前日に場所だけ教えてもらっていました。
これは初めて来たときの休日の様子。

cali 2018031

ランプがあります。高さ1700mmくらいかな。

cali 2018032

面もきれいで滑りやすそう。



cali 2018033

この日は 私と同年代〜ちょっと若いくらいの男性ばかり。大人5人だけ。

cali 2018034

お昼休みにちょっとスケートなんでしょうか。
こんなクルマでフラッと滑りに。


McGregor sk8 Park :2 from Haruka on Vimeo.



恐る恐るドロップ。

cali 2018035

一休みしていると

cali 2018036

Edから連絡
近くに来てるから行くよと。
こちらも3年ぶりの再会。

cali 2018038

若い頃はスケートもけっこうやたんだけどなあ。と
昔の写真を見せてくれました。

さすが。
文句なしにスタイリッシュ。

cali 2018039

晩ごはんに お邪魔させていただくことに。
Edのところは 山の手なので 迷うとタイヘン!

cali 2018040

Edと奥様のHさん

cali 2018041

イタリアからサーフィン留学中のG
宮崎にも昨年のジュニア世界大会で来ていたらしく
「Okuragahama」知ってる?
といきなり聞かれてびっくりしました。

cali 2018042

EdとHさんと

cali 2018043

With G

California 2018 : episode 3

2018年09月24日 19:06

cali 2018018

今日は手術室にお邪魔します。
久しぶりに手術を見学させてもらいに来ました。

cali 2018019

SUTTER MATERNITY SURGERY CENTER

産科の他にも、外科、形成外科、皮膚科、眼科などの手術が行われています。

cali 2018020

ここに訪れるのは2度目です。

cali 2018021

3年ぶりに見る先生の手術。

5年前に初めて見せていただいたとき
「こんなことができるのか」と衝撃を受けました。

3年前に改めて手術見学に来たときも
段違いの技術の違いを目の当たりにしました。

それ以降
何度も先生の手術動画を眺めては
自分なりに工夫を重ねてきました。

今回の手術を見学させていただきながら感じたこと。

機械の当て方、角度など
まるで自分が手術をするときの手の運びと一緒...

思えば、先生の手術レベルに近づきたくて
その一挙手一投足をなぞってきたのでした。

まだまだ先生には遠く及びませんが
背中くらいは見えるようになってきたかなと感じました。

5年かかったなあ。

cali 2018022

真ん中は麻酔科の先生
たまたま 私がサンノゼ空港に着いたときに
ご家族をお迎えに来られていて 偶然お会いしていました。

数日後に病院で会いましょう、と別れましたが
ここで再会。

cali 2018023

夜は 
サーファーズイヤー会議

まだ終わんないよ。


California 2018 : episode 2

2018年09月16日 19:02

cali 2018008

カリフォルニア 滞在2日目
今回の旅の目的は 
お世話になった先生に
あるものをお届けすることでした。

cali 2018009

手術用の機械を研ぐために使う天然砥石

京都の豊岡に 天然砥石を扱う職人さんがいらっしゃいます。

訪問前にあらかじめ、私が手術を教えていただいた経緯や
手術機械を自分で研ぐようにすすめられたことを
お伝えしていたところ、よいものを、と探してくださったそう。

「これなら、海外の先生にも喜ばれると思いますよ。」
とマーブル模様の入った渋い雰囲気の砥石を見つけていただきました。

拝見して、即決でした。

砥石を求めて 京都まで行ったときの模様はこちらに。
京都 亀岡 天然砥石

cali 2018010

先生のオフィスで 一緒に研いでみました。
私も自分用の砥石を購入してから
手術のたびに研いでおり、研ぎ歴8ヶ月。
いろいろやってみて、良かったと思う方法を
二人でやってみました。

もともとは、先生に「手術機械は自分で研ぎなさい」と
教えられて始めたこと。

いつも教えていただくばかりで
なにひとつお礼らしいことができなかったのですが、
喜んでいただけたようで良かったです。

cali 2018011

その後は海へ。
プレジャーポイント前を散歩しました。

cali 2018012

波はとても小さいものの カタチはよく
けっこうな人数が入っています。

cali 2018013

とても小さいですがリーフなので
穏やかに崩れロングライドできます。

cali 2018014

スクール日和。

cali 2018015

波も小さいので
今日はスタンドアップパドルにしよう、と先生。
たまたま休日で、先生のお仕事もなく
2人で1時間半ほど、ロングパドルしました。

cali 2018016

10ftくらいの Arrow surfboardのSUP
久しぶりの海のお散歩でした。