FC2ブログ

海外向けサイト:earsurgery.surf

2019年03月26日 19:08

大阪の老木医院に来て、もうすぐ2年になります。

大阪に来てからのサーファーズイヤー手術については50人目を超えました。

宮崎大学時代から合わせると
通算では1??....最近数えていませんが、左右の耳の手術をしている方がほとんどですので
200耳は軽く超えていると思います。

全国から、高度狭窄病変で難易度の高いサーファーが集まってくださるおかげで
手術の方法も、より対応力の高いものへと向上しています。

病変を取り除くのは当然ですが、
サーファー向けに、どのような形にシェイプすれば快適に
サーフィンできるかを考えて外耳道全体をリシェイプしています。

治癒に至るまでの期間もさらに短くなり、
最近の症例では、両耳9割以上の狭窄例でも手術翌日に、
両耳ともガーゼ抜去できることが標準になりつつあります。

海外からの手術問い合わせもあり、専用サイトを新たに更新いたしました。

来月にはBali島からも 手術にこられる予定のサーファーがいらっしゃいます。

遠方から来ていただいても、それに見合うだけの早期治癒と、
サーファー向けに水抜けのより外耳道の形に整えるスキルを磨いて行きたいと思います。

 海外向けサーファーズイヤー解説サイト

サーファーズイヤーのことで手術も考えられている方は是非一度ご連絡ください。

初回の手術で、鼓膜の近くの骨病変をしっかり除去する処置をしないと、水抜けの悪さが残ったり
再発時にとても手術がしにくい形になります。

耳鼻咽喉科サージクリニック
老木医院

中西 悠
電話 (医院直通) 0725-47-3113

↓こちらも是非ご参考に
鼻づまり・いびき・睡眠時無呼吸・アンチエイジングのサイト
SASCARE
スポンサーサイト